中崎に会いにきてくださいね


2018年1月17日水曜日

爽建ハウス in熊本玉名 I様邸地鎮祭!!

今週はなんと人生初めてのインフルエンザB型に掛かってしまい最悪な週を過ごしてました。 みんなに正直迷惑を掛けてしまう事になってしまった。この時期は乾燥するし、菌があちらこちらで浮遊してる事も分かっていましたが、何故このタイミングでなってしまったのか反省です。

出張が多くなってきてますので必ずうがい、手洗い、マスクは必須ですね。自分なりには気を付けてたのですが、ほんと今回はしんどかったばい。皆さんもくれぐれも気をつけて下さいね。

さて本題です。 今日は自分の知り合いのI君の待ちに待った地鎮祭を執り行うことにようやくなりマスク等をして強行にて行ってきました。運転もかなりのもんでした。自宅から約高速移動で2時間はかかります。

この日は雨でしてなかなか地鎮祭での雨の確率的に高い方でしたが近年の地鎮祭や上棟は晴れてくれてるのが現状です。日頃の行いが良かったのかはさておき、先ずは現地に行き準備です。

 そして、宮司さんらと祭壇を作るお手伝いをしていよいよ始まりです。 以外と地鎮祭と上棟は緊張してしまう自分がいるんですね。 しかしここだけ晴れてるのにはビックリです。


地鎮祭も無事に終え最後にI様ご家族と宮司さんと記念に写真を撮りました。


今回は奥様と息子さんが出席できず残念でしたが2月中旬には上棟します。 その時にはI様ご家族と楽しもうと思います。今日は良か日でした。 完成予定がこんな感じになります。


熊本玉名市で天然樅の木やすらぎの家ができます。嬉しい事です。 又、縁が繋がりました。みんな今からばい、頑張るばい!

今日の出会いに感謝。 日本ISJ研究所九州支店 中﨑でした。

2018年1月15日月曜日

自宅にやっと頼んでたテーブルが来た!

自宅のTVコーナの両側にスペースがありどうしても棚が欲しくて色々と考えた結果! 弊社社長(大将)に相談をしました。なんと心良くいいよと一言返事でした。 倉庫にある材料で作るから楽しみにしときな~。

ここからです。 どんなのが来るんだろう?どんな材料なんだ?事前リクエストは寸法のみです。 うちの自宅の座卓とTV台に使用してる材は楠木です。綺麗ですよ。 やっぱり、同材にて作ってくれるのか?と思ってたら携帯が鳴り大将からでした。

材が決まったよ、早い!松の赤味材で作るから~楽しみにしといてね~。 松の赤味材!!!自分の好きな色は、赤!良いじゃないですか。よっしゃ! そして遂に自宅が頼んだ、テーブルが来た~。 いつもながらしっかりと材に対してもコメント記載してくれて感謝です。


なぜかと言うと、どんな材を使用してる、なぜその材にしたのか重要になります。 使うからには理由があって当然ですよね。これはいつも自分も施主の皆さんにお伝えしてる事です。

材を知らずに良いから使うのも良いでしょう、ですが材を知って使う方が尚良いですよね。 だって考えてみて樹齢200年の松の赤味材(ジン)って知ってる?初めて知りましたよ自分は。 松の赤味材は知ってるけど名がジンとか知らないですよねー。200年とか生まれてないし なんか上手く言えませんが嬉しいの一言しか出ません。

 そう考えて観るとたった一つの事でも知ればそこに愛着も湧くし、何より想いが感じれますよね。 そして、開梱し2台ともまだ磨いてませんがこんな感じです。


いいでしょう~欲しくなって来たでしょう~板目の綺麗な事、 しかしながら、この材はもう無いと思います。松は、基本的に虫喰いが多くてましてや赤味材がほとんど無いみたいでした。そんな物がうちに来たとは大将ありがとうございました。 そして完成形がこちらです。


どうでしょうか? 自分はシンプルが一番好きなのでこれでやっとTVコーナに色々とコーディネートできそうです。 大将、色々とありがとうございました。大事に使いますね。

追伸

これを読んでくれた皆さんも良かったら弊社代表(大将)に欲しい家具があれば相談してみては如何ですか?ほどほど良い感じに絶対に出来上がりますよ。自画自賛です。褒めすぎかな?

自分は樅の家に住みだしてまだ半年足らずですが、既製品を購入するのが嫌になってしまいました。既製品が悪いとは言いませんが、残念ながら自宅の室内環境に合わない場合が多くなってしまってる事が現状です。多分、皆さんも同じではないでしょうか?

大将がいつも自分たちに言ってる事ですが、本物を知り出すと本物にしか興味を持たなくなる。 目が肥えてきて、感性が変わると言ってます。ですから、自分達の場合は大将が作ってくれるからいつも助かってます。これが本音です。

では、今日はこれまで。
日本ISJ研究所九州支店 中﨑でした。

2018年1月11日木曜日

香川県詫間ピースホームにて 完成宅訪問と現場視察

新年明けましておめでとうございます。 今年もガンガンやりますのでよろしくお付き合いくださいね。

今回はピースホームへ新年の挨拶と同時に完成宅と現在進捗してる現場視察に行ってきました。 まずは、詫間にて建てて頂いた樅の木の家はI様邸です。 おばあちゃんと娘さんで暮らしてる家に行ってきました。


樅も床面積の倍ちゃんと使用してくれてましたのでリビングの空気環境は良かったです。


施行もしっかりしてましたので安心しました。


階段にもやすらぎを大工さんに施工して頂いておばあちゃんもこの階段なら私も上がれると言ってました。お年寄りは歳を取ると足に負担がかかりますよね。こういった配慮が必要になります。

これがベニアフロアですとおばあちゃんは多分2階には上がらないでしょうね。そしてお茶を頂きながらお話を聞かせて頂き感想としては樅の木にして良かった。寒くないし床があったかいとのこでした。

この日の詫間は寒波で寒かったのですが暖房も入れずにコタツのみでした。 でも、これが答えなんですね。 おばあちゃん今日はありがとうね。風邪引かないように頑張ってね。又来るけんね。


2軒目は現在進捗中の現場です。 今年の2月中旬には引き渡し予定のS様邸の現場です。 道路に面するビルトインガレージ付きの樅の木の家です。


ガレージから玄関クロークに入るとやすらぎの壁材で壁と天井が施行されてました。


そして2階の居住スペースもやすらぎの床材と壁材がしっかり施行されてました。



そしてリビングの柱を樅の壁材にて施行してました、四方柾です。よくやるよね〜。 手間かけてますね収納も多く良い感じに出来上がりそうです。完成が楽しみです。


3軒目は12月に引き渡したこれまたI様邸の完成に伺いました。

  

玄関入るとまぁ広い。


無塗装のやすらぎで床と天井を施行してるので玄関独特の匂いがありませんね。 ちゃんと床面積の倍使用すると効果がしっかり出ること間違いないですね。 樅を理解して頂けたら施行もちゃんと適材適所で量を使う事をしっかり出来てますね。 ありがとうございます。

そして、リビングに入るとシンプルに施工でしてるじゃないですか。


新商品のやすらぎの壁も陰影ができ目透かし加工してるように見えますよね。 空気感も非常に良く出来てます。

2階に上がると階段もさることながら廊下と各部屋の床天井はやすらぎの樅の床と壁材でちゃんと敵材量を施行してくれてました。


今回、現場での樅の施行ができてるか自分たちの目で確かめる事が出来て良かった。疑う訳ではなく確認する義務があるからね。そしてパートナー企業と一緒に仕事を行いながらなかなか行きだせなかった施主宅訪問、今後はもっと多くの施主宅に表敬し皆さんともっとコミニケーションを取らせて頂きながら色々なヒントやコメントを頂き、今後の九州支店また本社全体のことも踏まえての展開に繋げることが出来そうです。

いや〜楽しかったです。みんなありがとうございました。 今日は、貴重な時間を自分達に作って頂きありがとうございました。 又、伺いますのでその時もよろしくお願いします。

あっ、忘れてました! 最後に自分の高松でのチーム!喜田建材にも伺い専務と今後の話もできました。 今年は彼と色々仕掛けて行こうと思います。専務、頼んだぞ!


今日の出会いに感謝。 日本ISJ研究所九州支店 中﨑でした。

2017年12月19日火曜日

爽建ハウス天然樅の木やすらぎの家 F様邸現場確認

今日は宮崎に出張です。 福岡のパートナー企業が宮崎の小林で新築工事を受けてまして棟上げ後初めて現場確認に爽建ハウスの溝上社長と同行し行くことにしました。 

自分は基本の職種は建材の販売店に該当しますので今回のF様邸も構造から屋根、外壁と工事を受けてます。なので今回は屋根工事と構造等の確認と樅の木の製造販売してるマルサ工業様にもご挨拶と初荷の打合せに寄ることになりました。


久しぶりに工場にきました、今回は事務所を改装しての初めての来訪でして良い感じに広く綺麗に出来上がってました。やっぱり樅の木は無塗装品が良いですね。ほんとつくづく思いました。


そして、工場の皆さんにも会って来ました。皆さんいつもありがとうございます。


この写真の2列に並んでる樅の木は製品にならない物です。この検品が私達樅の木を扱う方が一番信頼してる工程です。モミカフェ等で聞いてると思いますが1本の樅の丸太から床材の製品になるのは4%くらいです。

正直自分達が見てもコレ良いんじゃないの…と思うくらいです。ですが、厳しい検品のおかげで出来た商品を扱わせて頂けるこれが私達の生命線でしょう。 なのにたまに聞く商品がどうだの…見てから言って頂きたいものです。

どれくらい大変な作業工程で作ってるか作り手の気持ちを知って欲しいものです。 改めて樅の木を伝える事の大切さを強く想いました。 マルサ工業の皆さん今年もありがとうございました。 来年の初荷の6日にはやすらぎの床材(ドイツ樅)を引き取りに来るからよろしくお願いしますね。 佐藤社長と春日氏との打ち合わせを終えて食事を済ませて現場に行きます。

 

 今回の現場はビルトインガレージ付き住居の平屋です。 現場にて打合せと段取りを棟梁と終えましたので福岡に戻ります。 そして、パースですが完成イメージです。


 住居内部はやすらぎの床(ドイツ樅)、壁材(ドイツ樅)とスピンオフ(遮熱塗料)、羽衣(漆喰)自社製品で作り上げます。完成に向けて、仲間と楽しく創り上げていきます。 今日も充実した時間を過ごせました。 マルサ工業の皆様貴重なお時間ありがとうございました。

 日本ISJ研究所九州支店 中﨑でした。

2017年12月3日日曜日

アットハウジング徳島店にて 遠赤外線クッキングヒーターDGHセミナー開催

今回の徳島店でのセミナーは、樅の木の家で完成した施主宅をお借りしてのセミナーになりました。現在徳島店は建て替え中で来年の春位迄は施主宅をお借りしてのセミナーになります。


こう言う時に限って動員が多くて今回は7組来場がありまして非常に盛り上がりました。


 若手社員さんも頑張りましたね。ありがとう。


セミナーの参加者にはこの家に住む施主も参加して頂き色々とお話も出来て良かったです。 そして、セミナーは初心者向けの話になります。 勿論、遠赤外線、電磁波、余熱料理等のお話をさせて頂きました。

セミナー中盤になれば立ちっぱなしで説明!みんな疲れたでしょ。 しかし、今回も施主のみんなは良い方ばかりで助けられました。 ありがとうございました。充実した時間が過ごせましたね。 今年の最後のセミナーでしたが徳島店の皆さんありがとうございました。 来年も又、楽しんで一緒に仕事しましょうね。 セミナーに来てくれた施主の皆さんもありがとうございました。

今日の出会いに感謝。
日本ISJ研究所九州支店 中﨑でした。